矢田・太田法律事務所のBLOG

浜松の法律事務所の弁護士太田理恵のブログです。

地味なのにすごく便利な文房具3選

今日は、文房具店でも、なかなか存在を認識しにくいけれど、使ってみるととても便利な文房具を紹介します。

 

1.ホッチキスリムーバー

f:id:rieohta:20170407163716j:plain

ホッチキスの針を書類から外す場合、ホッチキス本体についている爪のようなもので取ろうとしても、なかなかうまく外れません。自分の爪でホッチキスの針を外そうとして、爪が割れてしまうこともあります。

このホッチキスリムーバーは、ホッチキスの針を挟んで抜くものです。びっくりするくらい軽い力でスルッとホッチキスが外れます。ホッチキスの針を外すときに書類が破れることもありません。

NOVUS ノーヴァス ホッチキスリムーバー B85

NOVUS ノーヴァス ホッチキスリムーバー B85

 

 

2.レターオープナー

f:id:rieohta:20170407163759j:plain

使い方は、封筒をレターオープナーで挟んで、左右どちらかに引くというものです。レターオープナーを使うと、封筒の端をハサミで切るよりも、早く封筒を開封できます。

カッターで封筒を切る感覚なのですが、なぜか、封筒の一面しか切れません。封筒の切れ端が落ちないので、ゴミが出ません。

ただ、挟むことのできない分厚い封筒には使えません。

 

 3.指サック

f:id:rieohta:20170407163825j:plain

指サックといえば、オレンジのゴムで指先から第二関節全体を覆うようなもののイメージが強かったのですが、今は、オシャレで、より実用的なものがあります。

自分の指のサイズにピッタリのものを選べば、指にピタッとはまるので、指サックを付けている感覚がほとんどなくなります。

それに、従来のものと違って、形状が輪なので、指先が蒸れることもありません。

そして、書類や書籍のページめくりのときに指サックをはめていると、閲覧のスピードが格段に上がります。

様々なデザインやサイズのものがあるので、ぜひご自身にあったものを使ってみてください。

 

プラス 指サック リング型 メクリッコ 指先美人 M/Lサイズ KM-305L 44-869

プラス 指サック リング型 メクリッコ 指先美人 M/Lサイズ KM-305L 44-869

 

 

 

www.yot-law.com

事務局のインフラを増強しました

 

しばらくブログの更新ができていなかったのですが、その間に事務局のインフラ設備を整えておりました。

 

1.デスク

f:id:rieohta:20170317172453j:plain

 

もともと事務局のデスクは、幅1200ミリ、奥行き700ミリの一般的なものを採用していました。

しかし、モニター二台とスキャナー、キーボードを机上に設置すると、残りのスペースが小さくなってしまったので、幅1600ミリ、奥行き850ミリの大きなデスクを導入しました。

パソコン操作だけでなく、書類関係の処理もしやすい大きさです。

(写真は、作業台に使用している同じ机です。)

www.okamura.co.jp

2.モニター

f:id:rieohta:20170317172155j:plain

モニターも二台体制にしました。もちろん縦置きです。

A4サイズの書類を一度に見ることができます。

また、一方のモニターで文書を作成しながら、参照書類を他方のモニターに映し出すこともできます。

 

3.チェア

f:id:rieohta:20170317172305j:plain

 長時間座るものなので、チェアも高性能のものを採用しました。

 

4.スキャナー

書類は基本的にすべてスキャンするようにしているので、事務局のデスクにも最新のスキャナーを設置しました。

最新のものは、スキャンのスピードが早く、文書の上下も認識するなど、高性能です。

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)

 

 

5.テレホンスタンド

デスクの上に電話機を設置するとスペースをとってしまうので、テレホンスタンドの上に電話機を設置しました。

電話が鳴って、席に戻ったときに、立ったままの姿勢でも電話がしやすいという点でも便利です。

当事務所では、弁護士のデスクにもテレホンスタンドを設置しています。

 

www.yot-law.com

終了した案件の書類管理法

弁護士が管理する書類には、大きく分けて3種類あります。

①当事務所で作成した書類、②相手方代理人(相手方本人)から交付される書類、③裁判所から交付された書類です。

 

1.電子データで保管するもの

当事務所では、①~③の書類は、すべてスキャンをして、電子データとして管理します。

そして、①~③の書類は、案件進行中にその都度依頼者に対して、コピーを郵便またはメールで送付します。

2.原本を保管するもの

③裁判所から交付された書類については、案件終結時に、原本を依頼者にお返しします。

なぜなら、再び紛争が起きた場合に必要となる重要な書類が含まれている可能性があり、委任契約が終了した以上、依頼者本人が保管すべき書類であるからです。

もっとも、紛争の予防のため、当事務所の弁護士と依頼者との間の委任契約書(当方保管分)等は原本を保管します。

3.廃棄するもの

案件終結時には、紙で管理していた①当事務所作成書類、②相手方代理人(相手方本人)作成書類は、原則廃棄します。

紙で書類を保管していても、過去の依頼者から問い合わせがあった場合に、すぐに参照できなければ、保管していないのと同じだと思います。

スキャンをした電子データに、適切なタイトルをつけていれば、検索することができ、すぐに参照することができます。

また、類似案件が発生したときにも、簡単に参照することができます。

さらに、類似案件の書類を蓄積することで、ブラッシュアップしやすくなります。

ただ、電子データは、消失するリスクがあるので、バックアップをしっかりとっておく必要があります。

 

www.yot-law.com

2016年ブログ記事ランキング

あけましておめでとうございます。

今年も、コツコツとブログを続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

昨年を振り返る意味で、昨年書いたブログの記事のアクセス数を調べてみました。

 

第3位

rieohta-yotlaw.hatenablog.com

事務用品を色々調べたり、使ってみるのが好きなので、今年もよいものがあれば、紹介していきたいと思います。

 

第2位

rieohta-yotlaw.hatenablog.com

HHKBを導入して3ヶ月以上経過しましたが、本当に快適です。タイピングをするのが楽しくなります。

 

第1位

rieohta-yotlaw.hatenablog.com

実は、この記事のアクセス数が断トツに高いのです。どのような方法で郵送するのかによって、証拠としての価値も変わってくる場合もあるので、慎重に検討する必要があります。

 

番外編

rieohta-yotlaw.hatenablog.com

 身近な知人や、事務所を訪問してくださった方々からの反響が大きいのは、モニターの話題です。

縦置きのモニターは、本当に書面が作成しやすいので、ぜひ試してみてください。

仕事の効率が格段に上がります。

 

今年も、他のウェブサイトには掲載されていないような記事を作成したいと思います。

お時間があるときに読んでいただけるとうれしいです。

 

www.yot-law.com

 

 

契約書を弁護士がチェックするメリットは?

契約書が契約の相手方から送付された場合に、そのまま署名捺印して返すという処理をしている方も多いと思います。

しかし、署名捺印をする前に、弁護士に契約書のチェックを依頼するメリットとしては、以下のものがあります。

 

1.法的なメリット

(1)交渉の経緯や力関係に基づく修正

契約書の雛形はインターネット上に存在していますし、書籍にも理想的な契約書の雛形が掲載されております。

しかし、その理想的な雛形通りに修正するのが、弁護士の仕事ではありません。

なぜなら、交渉の経緯や力関係を無視して契約書を修正すると、依頼者の契約交渉が混乱してしまうからです。

よって、弁護士は、そもそも相手方提案の契約書を修正できるのか、修正できるとしても、依頼者にどの程度有利に修正できるのかについて、依頼者からヒヤリングをした上で、当該交渉案件において適切な内容に修正していきます。

(2)契約の目的の達成

契約書に契約が成立するために必要な要素が満たされていなければ、契約の目的を達成することができなくなる可能性があります。

例えば、売買契約であれば、基本的には、売買の対象となるものや代金等について記載されているかについてチェックします。

(3)紛争の予防

次に、将来の紛争を予防するため、通常その契約に入れておくべき条項が満たされているかをチェックします。

例えば、取引上で相手方に知られてしまう依頼者の機密情報が第三者に流出するのを防止するため、守秘義務についての条項を入れることがあります。

 

2.ビジネス上のメリット

 弁護士に依頼した場合、ビジネスの方針や方向性、展望に沿った契約条項を作成することができます。

例えば、契約期間についての条項は、依頼者が、試しに1年だけ契約したいという方針であれば、契約期間が1年より長くなっていないか、自動更新になっていないかなどをチェックします。

できるだけ長く契約したいという方針であれば、自動更新となっているかをチェックします。

ただし、ビジネス上の方針を契約書に反映させるためには、依頼者の方と弁護士とのコミュニケーションが重要となります。

弁護士に契約書をチェックさせる場合には、当該ビジネスの方針等についても、弁護士にお伝えいただくことをおすすめいたします。

 

www.yot-law.com

 

「カロリーゼロ」はゼロでない?

近年「カロリーゼロ」と表示された商品が数多く見受けられます。

しかし、「カロリーゼロ」と表示された商品のなかには、カロリーがあるものがあります。

実は、カロリーがあっても、「ゼロ」と表示していいことになっているのです。

健康増進法に基づいて定められている栄養表示基準においては、食品の場合には100グラムあたり、飲料の場合には100ミリリットルあたり、5キロカロリー未満の場合、「0」や「ゼロ」と表示することができるとされています。

つまり、カロリーゼロだと思って1リットル飲んだら、50キロカロリー近く摂取していたということもありえるということなのです。

 

しかし、この法律及び基準は、消費者を騙すことを推進しているのではなく、ゼロと同視しても問題ないくらいに少ないものであるから、「ゼロ」と表示することを認めているのです。

 

カロリーだけではなく、脂質や糖類も100グラム(100ミリリットル)あたり0.5グラム未満であれば「ゼロ」と表示できます。

商品によっては、「カロリーゼロ」という表示の横に「※」印が付いており、「栄養表示基準による」と書かれていることがあります。

これは、5キロカロリー未満なのでゼロと表示していますということを丁寧に示しているのです。

 

www.yot-law.com

 

突然、夫(妻)に離婚して欲しいと言われたら

ある日、突然、夫や妻に離婚して欲しいと言われたら、離婚に応じなければならないのでしょうか?

離婚というのは、基本的に合意によって成立するものです。

よって、離婚をしたくないのであれば、離婚届にサインせず、離婚に応じる必要はありません。

 

離婚に応じない場合、離婚をしたい相手方は、調停を申し立てる可能性があります。

ただ、調停は、調停委員が間に入った話し合いの場なので、調停の場で再度離婚に応じなければ、調停は不成立となるにすぎません。

よって、調停を申し立てられたからといって、離婚を強制されるということはないのです。

 

調停が不成立となった後、相手は、離婚の訴訟を提起する可能性があります。

しかし、訴訟においては、法律で定められた離婚原因(民法770条)がなければ、離婚は認められません。

例えば、自分が相手に暴力を振るっていたり、自分が不倫をしていた場合です。

そのような事由がなければ、裁判で離婚が認められることはありません(個別具体的な事情については、弁護士に相談してください)。

 

もっとも、離婚して欲しいと言う相手と、もう一度関係を修復するのは、事実上困難なことも多いと思います。

よって、長期的には、離婚するという結論に達するかもしれません。

ただ、気持ちの整理がつくまでは離婚に応じる必要はなく、自分のタイミングで離婚に応じることができるのです。

また、親権や養育費、財産分与、慰謝料などの離婚の条件面等で相手と合意できないようであれば、自分から調停を申し立てることもできます。

www.yot-law.com