特定記録、書留、内容証明、配達証明の使い分け

1.確実に届けたい場合 (1)賠償不要・配達の記録が不要の場合 www.post.japanpost.jp 特定記録を利用すると、郵便局での受付(引き受け)を記録してもらえます。 また、インターネット上で配達状況を確認することができます。 そして、特定記録の場合、配達の記録(受領印の押印または署名)はなされないので、送…