矢田・太田法律事務所のBLOG

浜松の法律事務所の弁護士太田理恵のブログです。

スマートスピーカーとは何か

 

スマートスピーカーGoogle Homeを使用しはじめて1ヵ月が経過しました。

使用した感想としては、Google Homeは、スピーカーの上位機種ではなく、声の大きいGoogleアシスタントiphoneでいうと、Siriのようなもの)という位置づけのように感じました。

 

 

基本的には、人間の声のみで指示ができ、GoogleHomeは声または音などで返答してくれるのです。

例えば、「OK、グーグル、~は何?」と尋ねると、Wikipediaで調べた結果を声で教えてくれます。

また、「OK、グーグル、今日のニュースは?」と尋ねると、radikoのアプリケーションを作動させて、ラジオのニュースを再生してくれます。

設定をすれば、スケジュールに入れている予定や天気も教えてくれます。

音楽も聞くことができますが、Googleと仲の良いアプリケーションしか起動させることはできません。つまり、AmazonMusicやiphoneのミュージックを起動させることはできず、GooglePlayMusicやSpotifyのアプリケーションを使う必要があります(単にBluetooth接続をすればスピーカーとしては使用できますが)。

そのため、GoogleHome以外にも、AmazonのAmazonEchoなど、様々なスマートスピーカーがありますが、その選ぶ基準としては、その音声認識の能力のほかに、使用できるアプリケーションの範囲についても考慮したほうがいいと思います。

 

GoogleHomeは、Wi-Fiの回線を使用して、Wi-Fiでつながった他の機器を操作することもできます。例えば、GoogleChromecastをテレビにつないで設定をしていれば、「OK、グーグル、~の動画を再生して」と言えば、YouTubeの動画をテレビに映しだすこともできます。また「OK、グーグル、テレビ消して」といえば、テレビを消してくれます。リモコンを使用する必要がないのです。個人的には、テレビを音声で操作できる機能が、まだ自分でリモコンを使えない子どもの要望にすぐ対応できるという点で助かっています。

 

スマートスピーカーが操作できるアプリケーションはまだ限られているので、スマートスピーカーの必要性を感じていない方も多くいらっしゃると思います。

しかし、今後は、家電を音声で操作していくのが主流になっていくことが考えられるので、音声で操作するというやり方に慣れるという点でも、今の時点で使い始める意味があるのかなと個人的には思います。音声操作をするためには、様々な設定も必要になりますし、音声認識してもらうためのコツもあるためです。

はっきりしゃべらないとGoogleHomeに認識してもらうことができませんし、倒置法など、文法によってはGoogleホームに指示が伝わらない場合もあります。

子供にも音声操作に慣れて欲しいので操作をさせています。幼児の発音はなかなか認識してもらえないのですが。

 

業務にもスマートスピーカーないし音声操作が使えるよう試行錯誤していきたいと思います。今のところは、音声入力しか実践できていないのですが、音声操作で電話をかけるくらいのことはなんとか実現したいです。

 

www.yot-law.com

Slackのチャンネルの並べ替え方

当事務所では、事務所内のコミュニケーションツールとして、Slackを使用しています。

 

rieohta-yotlaw.hatenablog.com

 ただ、Slackでは、ドラッグ・アンド・ドロップでチャンネルを並べ替えることができません。数字や、アルファベット順、あいうえお順等で、自動で並び順が決定されてしまい、それを動かすことはできないのです。漢字表記の場合、実際の読み方とは異なる読みを基準にあいうえお順に並べ替えられてしまうケースも多く、何十件のチャンネルのなかから該当するチャンネルを探すのが難しい状況になっていました(チャンネル検索はできます)。

そこで、チャンネル名の頭に数字をふって並べ替えることにしました。

個別の案件に関係ないチャンネルについては、頭の番号を「0」とし、個々に00~03の番号をふりました。個別の案件には、ジャンルごとに番号をふりあてました。案件ごとに番号をふりあてると、案件終了時に欠番になったりと面倒なので、あくまでもジャンルの番号のみにしました。

例えば、破産事件の頭の番号は「3」にし、そのうち申立案件は「30」、管財事件は「31」としています。

 

f:id:rieohta:20180223144413p:plain

ある程度ジャンルごとに並べ替えが可能になったので、同じ案件について複数のチャンネルを作成してしまうミスもなくなります。

Slackをより効率的に活用できるようになりました。

 

www.yot-law.com

リニューアルされたグーグルカレンダー活用法

WEB版のグーグルカレンダーがリニューアルされて使いやすくなりましたので、その活用法を紹介したいと思います。

 

まず、例えば会議に複数名が出席する場合、出席者それぞれが予定を入力するのは非効率なので、出席者分の予定を一括で登録することができます。

個別の予定の編集ボタンを押すと、予定の詳細を開くことができ、そのなかで、ゲストを追加することができます。そして、その際に、ゲストに招待状を送ることもできます(この機能は従来のグーグルカレンダーと同じです)。

f:id:rieohta:20180216153428p:plain

ただ、出席者が既に確定している場合に、毎回招待したり、ゲストを追加するのは面倒です。

そこで、予定をコピーするという機能を使用します。今回ののリニューアルで、簡単に予定のコピーができるようになりました。

個別の予定をクリックしたら表示されるポップアップの詳細ボタンをクリックすれば、グループ内に登録している人の名前が表示されるので、それをまたクリックすれば予定がコピーされます。

f:id:rieohta:20180216154143p:plain

 

 

 

 

さらに、これはリニューアル前から可能であったのですが、予定のタイトル欄の入力だけで時間も設定する方法があります。

下記のようにタイトルに4時と入れ、保存ボタンを押すと、

f:id:rieohta:20180216154559p:plain

自動で午後4時に予定が設定されます。タイトルに時間が表示されたままになることもありません。

 

f:id:rieohta:20180216154701p:plain

 

 

 

www.yot-law.com

コミュニケーションツールのSlackを導入しました

 事務所内のコミュニケーションツールとしてSlackを導入しました。

slack.com

Slackとは、大きなグループのなかに、複数のチャンネルを作成し、そのなかでチャットをすることができるウエブサービスです。LINEのグループは、誰が参加するかを基準に作成することが多いと思いますが、Slackのチャンネルは、グループのなかで、案件ごとにチャンネルを作成し、グループの人のうち案件に関係する人を招待していくようなイメージです。

Slack導入の目的は、伝言メモの作成や、仕事の依頼、忘備録の作成などです。

これまではこのような事務所内のコミュニケーションは事務所内のメーリングリストを利用して、電子メールで行っていました。しかし、その量が多くなり、案件ごとに整理するのが難しくなってきました。そこで、外部のメールと、事務所内のコミニケーションを分けることにしたのです。

 

Slackは、左側のグレーのエリアにチャンネルを増やしていくことができます。そして、そのチャンネルをクリックして、そのチャンネルの中で発言をすることができます。

f:id:rieohta:20180202170913p:plain

案件ごとに作成したチャンネル内で発言するため、メールと異なり、仕分けの必要がありませんし、個別のクリックなしに案件に関するコミュニケーションをすべて時系列で見ることができます。

また案件が終了すればそのチャンネルをアーカイブ化することができます。

さらにSlack内の個々の発言にスターをつけることができます。そして、スターをつけたアイテムを右側に別途表示することができます。例えば、依頼された仕事に関する発言にスターをつければ、タスクリストの代わりになるのです。

 

f:id:rieohta:20180202170937p:plain

 

 

 

事務局と弁護士との間のコミュニケーションという場面では、紙での伝言と異なり、外出先でも閲覧することができるという点で効率的です。また、事務局と弁護士がお互いに、特に急ぎでは無い仕事の依頼を口頭で行うと、相手の仕事を中断させることになってしまいます。もちろん、Slackを導入しているからといって、事務所内での口頭の会話が禁止されている訳ではありませんが(笑)。

案件管理という点でも、依頼者との打ち合わせや電話の内容を忘備録として記録しておくことで、進捗を管理することができます。また、案件終了後に案件の進め方についての改善点も発見しやすくなります。

 

Slackの他にも、ビジネス向けのLINEのサービスなど様々なビジネス用チャットルームのアプリケーションがあるので、仕事に合ったものを選択して使ってみるのがいいと思います。

www.yot-law.com

 

士業・自営業の年末調整、賞与の申告が簡単になる方法

当事務所では、会計事務にはMFクラウド会計、請求書作成にはMFクラウド請求書を使用しており、そのことは以前、以下の記事で紹介していました。

 給与計算についても、関連サービスのMFクラウド給与を使用しています。

rieohta-yotlaw.hatenablog.com

rieohta-yotlaw.hatenablog.com

MFクラウド給与は、名前のとおり、クラウド型のサービス(オフラインではなく、インターネット上で利用する)なので、タイムリーに健康保険料率や雇用保険料率の改定などに対応しています。

そのため、雇用主側で、法改正や料率改定を見落としている場合でも、MFクラウドが、自動で正確に給与計算をやってくれるのです。

従業員の側としても、従業員のページがあり、給与明細をオンラインでどんな端末からも見ることができます。また、勤怠管理もできます。

 

そんな便利なMFクラウド給与なのですが、なんとオンラインで年末調整もできるのです。

従業員の側でパソコンで必要な情報を入力し、雇用主側で確認すれば終わりです。紙に何度も同じ住所や名前を手書きするという苦行から開放されます。

さらに、年金事務所への賞与の申告書類も「印刷」というボタン一つで完成します。

実は、私はこの機能について、今回の賞与の申告で初めて気づいたため、これまで利用していませんでした。

前回の賞与の申告の際には、賞与明細のデータを開き、申告用紙に手書きで書き写し、電卓をたたき、さらに数か所に同じ住所や名前を手書きしていました。

自動で申告書類ができるのに、こんな手間と時間をかけていたことがショックです。

人間がやるより正確で早いサービスは、今後もどんどん取り入れていきたいと思います。

www.yot-law.com

最近のお気に入り家電

最近買って感動した家電製品は、Apple AirPodsです。

f:id:rieohta:20171208165034j:plain

 

AirPodsに感動したポイントは3つあります。

1 ペアリングが簡単

まず、ペアリング(接続)が簡単なことに驚きました。

iPhoneブルートゥースをオンにしていれば、イヤホンを耳に入れるだけで、「ブオーン」という起動音がしてペアリングが完了します。ペアリングのために、iPhoneの画面を操作する必要はありません。

イヤホンを使い終わったり、何かの拍子でイヤホンが外れると、自動的に再生が停止されたり、ペアリングが解除されます。

 

2.行動が制限されない

AirPodsは、ワイヤレスなので、当然イヤホンのコードによるストレスがなくなります。

コード付きのイヤホンを使っていたときには、コードがドアの取っ手などに引っかかり、iPhoneが落下したり、耳を負傷することがあったのですが、そのようなこともなくなりました。また、iPhoneをポケットに入れておく必要がないので、ポケットのない服を着ていてもイヤホンを使用できます。

そして、一定の距離であれば、iPhoneから離れてもペアリングが解除されないので、iPhoneを充電しながら、離れたところでAirPodsを使用することもできます。私の場合は、iPhoneを置いている部屋とは別の部屋へ移動してもペアリングが解除されませんでした。

さらに、マイク付きなので、電話しながら歩き回ったり、両手を使って作業をすることもできます。

 

3.充電しやすい

充電しやすいというポイントは、ワイヤレスイヤホンを使用し続けるために最も重要なポイントだと思います。以前、他社製のブルートゥース接続のワイヤレスイヤホンを使用したことがあったのですが、専用の充電ケーブルに挿して充電をするのが面倒ですぐに使わなくなってしまいました。

AirPodsは、ケース自体がポータブルの充電器になっているので、イヤホンをケースにしまえば、簡単に充電ができます。ケースの充電もiPhoneの充電ケーブルでできるので、簡単に充電ができ、使用を継続することができます。

 

AirPodsのデメリットとしては、あまりスタイリッシュではないこと(コードがはずれただけのようなデザイン)や、耳にフィットする感じがないことがありますが、これを上回るメリットがあります。

AirPodsは、試してみる価値があると思います!

 

 

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

 

 

www.yot-law.com

交通事故にあったら、いつ弁護士に相談すべき?

交通事故に遭い、怪我をしてしまった場合に、どのタイミングで弁護士に相談すべきなのでしょうか?

当事務所では、原則的には、治療が終了した後にご相談いただくことをおすすめしております。

交通事故案件における弁護士の業務の中心は、賠償金の交渉ですので、治療が終了し、相手方保険会社から賠償金額の提示が出たタイミングで弁護士が介入するのが適切であるからです。

 

ただし、お怪我が重症で、治療期間中に、保険会社とのやりとり自体が精神的に苦痛である場合には、治療期間中にご相談いただくことをおすすめいたします。

弁護士介入後は、相手方保険会社とのやりとりの窓口は弁護士となるので、ご本人が対応いただくことは基本的になくなります。

そして、弁護士が相手方保険会社との間で、治療期間(相手方保険会社が治療費を負担する期間)の交渉や交通費(タクシーチケットの手配等)についての交渉もさせていただきます。

 

www.yot-law.com