矢田・太田法律事務所のBLOG

浜松の法律事務所の弁護士太田理恵のブログです。

交通事故にあったら、いつ弁護士に相談すべき?

交通事故に遭い、怪我をしてしまった場合に、どのタイミングで弁護士に相談すべきなのでしょうか?

当事務所では、原則的には、治療が終了した後にご相談いただくことをおすすめしております。

交通事故案件における弁護士の業務の中心は、賠償金の交渉ですので、治療が終了し、相手方保険会社から賠償金額の提示が出たタイミングで弁護士が介入するのが適切であるからです。

 

ただし、お怪我が重症で、治療期間中に、保険会社とのやりとり自体が精神的に苦痛である場合には、治療期間中にご相談いただくことをおすすめいたします。

弁護士介入後は、相手方保険会社とのやりとりの窓口は弁護士となるので、ご本人が対応いただくことは基本的になくなります。

そして、弁護士が相手方保険会社との間で、治療期間(相手方保険会社が治療費を負担する期間)の交渉や交通費(タクシーチケットの手配等)についての交渉もさせていただきます。

 

www.yot-law.com